気が付けばいつの間にか首にイボが出来ていた、なんて事は良くある事ですね。しかし首に出来るイボは目立ちますし、特に女性にとっては嫌な物です。首に限らずイボは歳を取っているイメージがありますから出来るならイボは無い方が良いですね。そんな首イボが出来てしまう原因は色々とあるのです。

首イボが出来てしまう一番の原因は、肌のダメージです。紫外線や強い刺激、摩擦が原因となり、イボが出来てしまいます。首や脇の下など柔らかい皮膚に強い刺激を与えた時に、イボは出来やすいのです。次に多いのが、加齢によるイボです。最初は肌色だったのに、段々と黒っぽく大きくなってしまうイボです。これは加齢による物なので出来てしまうのは仕方の無い事です。ウイルスが原因で出来てしまうイボもあります。

プールや銭湯などで他人からうつされてしまい、イボが出来てしまうのです。ヒトパローマウィルスと言うウイルスが原因で、傷口から感染してしまいます。体に傷がある人は、多くの人が居る銭湯やプールでは注意が必要です。首イボは出来る事なら出来ないでいて欲しいものです。首イボにならない為に気を付けるべき事は、首の皮膚の摩擦を避ける事です。柔らかい首の皮膚は傷つきやすく、簡単にダメージを受けてしまいます。こすれたり、襟などが当たらない洋服を着る事が首イボ予防になります。

紫外線も首イボの大きな原因です。なるべく紫外線が首に当たらない様に柔らかいスカーフ等で首を紫外線から守る事も大事です。首イボの予防は他には新陳代謝を活発にする事です。基本的にイボは加齢のせいで出来てしまいます。皮膚が加齢によって新陳代謝が衰えてしまう事によって古い皮膚がいつまでも残ってしまうのです。皮膚が新しく代わらないと、出来てしまったイボが無くなりません。

スキンケアも大切な首イボの予防になります。冬場などの乾燥した空気では、皮膚が乾いて固くなってしまいます。乾いた皮膚は、摩擦が起こりやすくイボが出来やすい環境になります。こまめにスキンケアクリームを塗り、首イボが出来にくい環境を作りましょう。もし首イボが出来てしまったら、出来る事ならすぐにでも取り除きたいと思いますね。

首イボの治し方は、様々な種類があります。最も簡単なのがスキンケアです。毎日こまめに保湿クリ―ムを塗り、肌を保護するのです。そうすれば新陳代謝によって新しい皮膚が下からイボを押し出してくれるでしょう。そしていつの間にか無くなってしまいます。市販薬のイボを取る薬もドラッグストアで売っています。

また、首イボが大きくて簡単に取れそうも無い場合は皮膚科に行く事が良いでしょう。切り取って除去する方法や、液体窒素で焼いてしまい、首イボを除去します。切るとか焼くとか聞きますと怖いイメージがありますが、結構簡単に治療が終わってしまいます。首イボに悩んでいるよりはずっと気楽に治ってしまうのです。

首イボの原因や治療【ヨクイニン】なら即解決~kubiibobuster.net~